不感症の改善薬の種類

不感症を改善する女性用バイアグラの種類

不感症を改善する女性用バイアグラには幾つか種類があり、効果の働きは主に2つに分かれます。

それは女性用バイアグラには血行を良くすることで改善を行うものと、神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンを分泌させるように脳に働きかけることで、性的欲求を高めるというものです。

冷え性や血行不良による不感症なのであれば、、血行を良くする効果のバイアグラをオススメします。

また精神的部分で興奮出来ないことにより、不感症となっているのであれば、性的欲求を高める作用のある女性用バイアグラを使用するといった形で分けられます。

女性用バイアグラの種類

女性用バイアグラと言っても種類が多いので、世界的に人気の高い女性用バイアグラだけ紹介していきます。

・ラブグラ

・ウーメラ

・シルジョイピンク

・フリバン

になります。

ラブグラ、ウーメラ、シルジョイピンクは有効成分クエン酸シルデナフィルとなっており、この3つは同様の働きを得ることが出来ます。

フリバンは、有効成分フリバンセリンとなっており、上記の3つとは異なる効果を得ることが出来ます。

有効成分クエン酸シルデナフィル

有効成分クエン酸シルデナフィルは男性用バイアグラの主成分となります。

そのため男性用バイアグラを女性用に着色してアレンジされて製造されています。

このクエン酸シルデナフィルはPDE-5酵素の働きを抑制する動きがあります。

PDE-5酵素の働きを抑制することで、血管の拡張を助け、女性器周辺の血行が良くなることで、身体に刺激を受けることで、濡れやすくなるといった働きがあります。

有効成分フリバンセリン

有効成分フリバンセリンは性欲にかかわる神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンを多く出すよう脳に働きかけることで女性の性的欲求を高めます。

有効成分クエン酸シルデナフィルと違い、脳神経に直接働きかけることで、性的興奮を覚え濡れやすくするといったものになります。

有効成分フリバンセリンは毎日服用することで、性欲をコントロールできる薬になりますので、精神的要因の不感症治療に向いています。

2つの有効成分の違い

・有効成分クエン酸シルデナフィルは性行為の前に服用することで、血行を良くして、膣内を濡れやすくする働きがあります。そして膣分泌液の量が増えることで性交の際に気持ちいいと感じられるようになります。

・有効成分フリバンセリンは毎日服用することで、女性の性欲そのものをコントロールできるようにします。精神的興奮から、自然に膣内が濡れやすくなるように改善していく医薬品となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です