不感症改善の薬はどこで手に入る?

不感症の薬はどこで手に入れることが出来るの?

不感症の薬はどこで手に入れればいいのか分からない方もいると思います。

出来ることなのであれば、近くにある薬局やドラックストアなどで購入したいでしょうが、医薬品となりますので市販されていません。

不感症の薬である女性用バイアグラは泌尿器科や内科などで処方してもらうことで手に入れることが出来ます。

またED治療専門のクリニックなどでも処方してもらえます。

近年ではインターネットでの通販購入で解決したいという方も多くなり、医薬品を専門とした通販サイトも多く展開されています。

一般的な通販サイトでは病院で処方されるような薬は取り扱っていませんので、女性用バイアグラなどの医薬品を購入する際は専門サイトでしか取り扱っていませんので注意が必要です。

女性用バイアグラの入手先をまとめると

・泌尿器科

・内科

・ED治療専門クリニック等

・医薬品専門サイト

通販で医薬品を購入する場合の注意点

医薬品を専門的に取り扱っている通販サイトで、女性用バイアグラなどを購入する場合、気をつけなければならないことがあります。

それは専門医による診断を受けることができないということ、また薬についての説明を直接受けることができないということです。

なので、不感症が原因で感じることが出来ないのかどうかの判断を個人で行い、薬についても自分自身で医薬品販売のページで説明を読んでその内容に従って服用する必要があります。

「性行為で感じることが出来ないのでバイアグラが欲しい」と言うことが恥ずかしくて通販を利用したい方は多いと思いますが、もし通販サイトを利用されるのであれば、しっかりと服用方法や注意点などを読んでから服用するようにしましょう。

不感症治療薬の副作用

不感症治療薬である女性用バイアグラは医薬品になりますので、副作用というものがあります。

市販されている風邪薬や頭痛薬などにも副作用があります。

薬の副作用を感じるには個人差があり、副作用効果を強く感じる人や、全く感じない人もいます。

女性用バイアグラの副作用は「顔のほてり、頭痛、動悸、眩暈、」などが報告されています。

これらの副作用症状は血行を良くすることで起こる症状なので、薬の効果が切れると落ち着くます。

女性用バイアグラの中でも脳神経に働きかけるようなものは「吐き気、眩暈、眠気」などの副作用症状があり、これらの副作用はどれも軽いものとなっていますが、症状が重いと感じた場合は服用を中止して、お近くの病院などで検査してもらうといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です