不感症の原因や特徴

「私、不感症かも」

と思ったことありませんか?

このように感じるきっかけとしては

「性行為で気持ちいいと感じない」

「性器を触られても濡れない」

「膣内が濡れないので性交痛を強く感じる」

「絶頂できない」

など様々だと思いますが、この不感症はちょっとした事を行うことで、改善することが出来るんです。

改善方法について説明する前に、不感症について説明をしていきます。

不感症とは

不感症とは性交の際に感じる快感が少ない。

または全く快感を感じないといった症状になります。

女性の場合に起こる不感症には様々な要因があるとされており、発育遅延や器質的障害によるものもあります。

女性の不感症の要因として不安や恐怖、嫌悪感、羞恥心などによる精神的部分が一番多いとされています。

不感症の原因

不感症には元々感じることが出来ていたのにかかわらず、感じることが出来なくなってしまったというパターンがあります。

また逆に最初から感じたことがないというパターンがあります。

どちらのパターンに当てはまるかによっても不感症の原因は違ってきます。

後から感じないパターン

元々感じることが出来ていたのに関わらず、感じることが出来なくなってしまったパターンの方の原因としては、相手に対して不信感を抱いている、妊娠に対する恐怖心、身体的疲労、精神的疲労などが原因の可能性が高いです。

また何かしらの病気が原因の可能性もあります。

主に多いのが精神的要因になりますが、病気の可能性もありますので、病院で専門の医師に診断してもらうことをお勧めします。

最初から感じないパターン

最初から感じることの出来ないパターンとして、幼少期に性行為に対してのトラウマを抱えている。

または性行為自体が不潔と感じていたり、気持ちが悪い行為という認識があるのかもしれません。

こちらも精神的部分が原因で不感症となっています。

不感症の原因は冷え性かも?

不感症の原因は精神的部分が多いと説明してきましたが、もしかしたら「冷え性」が原因で不感症となってしまったのかもしれません。

何故、冷え性が原因で不感症となってしまったのかというと、血液の流れがあるくなってしまう事が結果として不感症に繋がります。

血液の流れが悪くなることで、性器の周辺に十分な血液が送り込まれなくなってしまい、性機能が低下してしまいます。

性機能が低下してしまう事で、膣内分泌の量が減ってしまい、気持ちいいと感じられなくなってしまい不感症となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です