女性が感じる仕組み

女性が感じる仕組み

女性が感じる仕組みとしては「精神的要因」が大きいとされています。

女性は愛されているという実感を得ることで、精神的興奮を感じる人が多く、いやらしい自分を想像したり、えっちな音をたてられていたり、逆に音を立てたりすることでより興奮し、最終的には絶頂に至ることが出来ます。

何かしらの病気が原因で感じることが出来ない場合や肉体的原因を除けば、感じる準備は自分でも行うことが出来るんです。

もし、自分でいやらしい妄想をすることに抵抗があるのであれば、相手に協力してもらうのも一つの手となります。

女性が気持ちいいと感じる瞬間

女性が気持ちいいと感じる瞬間は精神的興奮を感じた時に濡れやすくなるとされています。

性行為の際に身体を触られることが恥ずかしいと思い、精神的興奮に達せない人もおり、そんな時にはキスの時間を長くする方法もあります。

女性は男性と違って脳で興奮し、感じることの出来る仕組みを持っています。

最初から身体を触ってもらうのではなく、キスの時間を長くしてもらい、緊張がほぐれてきた時に徐々に身体を触り始めてもらう方法もあります。

彼だけの私という実感

気持ちいいと感じるには愛されているという実感が重要で、彼だけの私という実感を得ることで幸せを感じ、興奮することが出来ます。

これは日々お互いの関係が上手くいっており、充実している状態で相手に求められているという実感が興奮に繋がります。

基本的に相手が「〇〇がしたい」と言われて、大抵のことは嬉しいと感じ、充実している気持ちになります。

またそれがちょっと過激な性行為をしてみたいと言われた時に、その姿をイメージし、いやらしい自分の姿に興奮し、脳が気持ちいいと感じる準備を始めます。

この様な些細な事でも脳が興奮し、感じる準備を行うことが出来ます。

性行為に対して嫌悪感や罪悪感などがある

性行為自体に元々嫌悪感を感じていたり、罪悪感を感じている場合などで不感症となってしまうケースもあります。

例えば、現在付き合っている彼氏がいるのにかかわらず他の男性と浮気をしてしまい、そのことに対して罪悪感を持ってしまい、精神的に興奮するよりも罪悪感の方が上回り、感じなくなってしまうことがあります。

また過去に性的虐待などを受けており、性行為自体に嫌悪感を抱いている場合も同じです。

まずは精神的に興奮出来ない要因を洗い出して、一つ一つ解決していくことで改善を行うことが出来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です